気まぐれ日記

伝えたいこと、そのままに。
日々の気まぐれ日記を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 悩み相談実例
  4. 相模原市。パワハラ、モラハラ、セクハラ
相模原,悩み,相談,モラハラ,パワハラ,セクハラ,相模原市

相模原市。パワハラ、モラハラ、セクハラ

【横浜の悩み相談-人生相談室】です。

神奈川県は相模原市から来られた相模原さん(仮)のお話です。

高校を卒業して今の会社に就職してから丸5年になる23歳の女性です。

あまり大きくない会社だそうですが、親子で代替わりして、4ヶ月前に息子さんが社長を継いだということです。

代替わりをして日も浅い時、特に緊張していた訳ではないとのことでしたが何歳か年上の先輩に食事を誘われていて、それを断りたくてモジモジしていたのを新社長が見掛けて

「行って来たら?コミュニケーションのためにも」

と言われ、断れないようになってしまったそうです。

そしてその日の夕食にと先輩と二人で食事に行き、すぐにも帰りたかったそうですが、移動手段が先輩が運転する車だったので

どこかで降ろしてもらうか、自宅付近まで送ってもらうしかない。

変に「ここからは自分で帰ります」と言って車から出るのは、あからさまに嫌がってる態度を見せることになって失礼かなと考えたそうです。

ただ、以前からナンパっぽく誘ってきていて、女性にだらしないという印象を持っていたその先輩。

当たり前のように「俺んち、遠くないし寄って行く?」と言い出し

「いや、今日は帰ります。ちょっと用事もあるんで」と断るものの、

黙って先輩はラブホテルの駐車場に入っていき、車を駐車したそうです。

「いやいやいやいや・・・・」

驚くわ怖いわ、相模原さん(仮)は言葉が出ず車から降りられなかったそうで、ラブホテルの駐車場で沈黙のまま1分ほど過ぎた頃に先輩から

「嫌なら嫌って言って」と言われ

「え・・・い、嫌です」と答えると

「そっか。じゃあ、今日だけにしよう。行こ」と

助手席に回ってきて少し強引に相模原さん(仮)を車から降ろそうとしたそうです。

「いやいやいやいや・・・・」

相模原さん(仮)は、怖くて動けないながらも、頑張って駐車場から自分の足で走って離れて、一人で自宅まで逃げるように帰ったそうです。

そして翌日。

出勤するのも嫌だし怖いし、先輩がいるならもう辞めたいと思ってしまった気持ちの状態でしたが、説明することも難しい。

誰にもなにも言えないまま、頑張って出勤したそうです。

すると、周りの目がよそよそしく不自然なことに気が付きました。

お昼休み、新社長に呼ばれました。

なんですか?と聞くと

「お前、昨日アイツ(先輩)を誘惑してラブホテルに誘ったって?」

と言われたそうです。

相模原さん(仮)は言葉に詰まり、震えて、涙が出て、

「・・・そ、そんなん私、誘ってません!」と答えると

「そうなん?何それ?」と反応されたので

「ムリヤリ連れて行かれたんです!」と頑張って言いました。

すると新社長は

「まぁ、年も近いし、別にそういうのはいいけど、みんなに知られるなよ」と言いました。

相模原さん(仮)は悲しくなり

「そもそも社長がっ!行けって言うから・・・(泣)私は行きたくなかったのに・・・(泣)」

と正直な気持ちを言うと、

「はぁ?俺のせいか?おいおい、やめてくれよ(笑)」と

馬鹿にしたように言われてしまったそうです。

何の理解もしてくれず、他の同僚たちにも相模原さん(仮)が誘惑したかのような話のままという扱いで定着してしまったそうです。

何故そんなことになったかと言うと、先輩が「このままでは自分が悪者にされる」と思って先に相模原さん(仮)を悪者にする形で言いふらしたということのようでした。

それが3ヶ月ちょっと前。

誰かに何かを言われることはないにしても、そういうことがあったというだけで周りの目は気になるし

誰かが味方してくれるような話をしてくることがあっても、それはやっぱり相模原さん(仮)が誘惑して失敗したという認識をされている。

後から何を言っても「どっちもどっち」みたいに思われているようにしか思えない。

もう嫌だ。

相模原さん(仮)は、頭痛や吐き気、会社にいる時間ずっと気分が悪くなる、夜には悲しくなって極端に寝付きが悪くなっているなど

適応障害と言える状態になっていました。

思いっきりモラハラ、パワハラ、セクハラです。

しかし証明ができません。

まして新社長は自分が「行ってこい」と声を掛けた手前、何があっても非を認めないだろうし男同士だからか先輩の肩を持つような立ち位置。

先輩については良心や責任感など、問うだけ無駄のような人間性。

相模原さん(仮)は親に話すこともできなくて、でも自分だけでは消化できる訳もなく「もう出勤したくないし、できない」ということでウチに来られました。

問題を公にして新社長や先輩を責めたり責任追及をしたいところですが、私にも分と立場があるので難しいところです。

労働基準監督署への相談もアドバイスしながら、少なくとも味方になってお話を聞いていってあげたいと思います。

【横浜の悩み相談-人生相談室】でした。

関連記事

error: Content is protected !!